誰もが抱く素朴なギモン


  

Q.「布なぷきん」 は使い捨て?

 

A.

「布なぷきん」は使い捨てではありません。

洗って何度も繰り返しお使いいただけます。 

 

 

Q.布なぷきんはどのくらいもつの?

 

A.

生地や縫製は「布なぷきん」によって様々で、使用の頻度やお洗濯方法によっても違いが出てくるかと思いますので一概にはいえませんが、たいへん丈夫で、長ければ、5年とも10年とも言われています。

 


Q.モレない?

 

A.

「布なぷきん」の場合、昼間の月経血は真下に下りるため、取り替えるタイミングさえ逃さなければ、横モレや後ろモレの心配はほぼございませんが、防水シート、及び撥水シートが組み込まれていない「布なぷきん」の場合、交換のタイミングによって貫通モレすることがございます。使い続けるうちにカラダの声に耳を傾ける習慣が身についてゆき、それがたすけとはなりますが、通常の「布なぷきん」とは別に「透湿防水パット」をご用意しておりますので、防水機能のない「布なぷきん」をお使いの際に、よろしければ是非お役立てください。


夜は「布なぷきん」と体の間に隙間がなければ、横モレや後ろモレの心配はほごございません。ただ、使い捨てナプキン同様、少しでも隙間がありますとモレの原因となりますので、夜は特にしっかりとしたショーツで休まれることをお薦めいたします。

  


Q.ズレない?

 

A.

「布なぷきん」には、ショーツに固定するウィングやストラップが付いているものと付いていないものがございますので、ご確認ください。

ショーツの素材にもよりますが、付いていない場合でも、布同士の摩擦力でズレにくいです。ただ、取り換える時には落とさないよう少し注意が必要です。

 


Q.ムレない?

 

A.

「布なぷきん」は呼吸する "なぷきん" です。

 

保温性があるにもかかわらず、通気性が良く肌触りもやわらかでムレません。カブレやカユミでお悩みの方にもお喜びいただけるかと思います。ただ、防水シート入りの「布なぷきん」は、シートの素材によってはムレることもございます。 

 

  

Q.厚みはどのくらい?

 

A.

ホルダータイプとハンカチタイプは、「布なぷきん」をもう1枚重ねるなどして厚みを調節しながら使いますので、月経血の量で変わってきます。一体型タイプは、中に組み込まれた吸収体の枚数によって異なります。

 

いちばん薄いおりもの用で、使い捨てライナーよりもほんの少し厚いくらい、生理の日の分厚いものでも1cm~2cm程度でしょうか。。。もちろんどんどん重ねればそれ以上に厚くはなります。

   

 

Q.着け心地は?

 

A.

肌着と同じ素材ですので、着けていることを忘れる時があるくらい自然な着け心地です。

 

初めての時は少し厚みを感じることがあるかもしれませんが、着け続けるうちに心地良さが勝り、いつの間にか気にならなくなってゆきます。分厚いと感じた5分後には、思ったことも着けていることもすっかり忘れてしまっていました。1度お使いいただきましたら、ふんわりとした柔らかさ、ほわっとした温かみといった自然のものの発するやさしさを感じていただけるかと思います。 

 

  

Q.外出の時はどうするの?

 

A.

使い捨てのナプキンと同様に、必要な枚数をポーチに入れて出かけます。違っているのは使用後に持ち帰ることです。ジップロックを入れておくと便利です。

 

また、月経血は乾いてしまうと落ちにくくなりますので、水や重層水などを入れたミニスプレーボトルをポーチに忍ばせておくのがおススメです。取り替えた「布なぷきん」に軽くスプレーし、乾かないように肌面を内側にたたんだ状態でジップロックに入れて持ち帰れば、洗うのが楽になります。

 

* よろしければ ♪外出のとき もご参照ください。

 

 

Q.どれくらいで交換すればいい?

 

A.

月経血の量には個人差があると思いますが、昼間は2時間くらいを目安にしていただければと思います。防水機能のない「布なぷきん」の場合はもう少し早めの方が安心かと思います。

 

「布なぷきん」を使い続けるうちに月経血量が落ち着いてきたり、骨盤底筋群が鍛えられトイレで一緒に排泄できるようになってくると、取り替える頻度が減ることもございます。

 

カラダと相談しながらタイミングをつかんでいってください。

 

 

Q.全部で何枚必要?

 

A.

生理中に使用した「布なぷきん」をまとめて洗うとしますと、使い捨てナプキンと同じくらいの枚数が必要になるかと思います。まめに洗いますと、その半分くらいの枚数で十分になります。


毎月2、3枚くらいずつ増やしながら、のんびりと「布なぷきん」を楽しんでゆかれるのもおススメです。

  

  

Q.不衛生じゃない?

 

A.

洗って繰り返し使う「布なぷきん」は決して不衛生ではありません。視点を変えると使い捨てる使い捨てナプキンよりも衛生的かつ健康的です。

 

大自然の中には必要なものがすべて備わっています。太陽の光には殺菌・消臭作用があります。さらに少しくらいのシミは、乾く過程でまるで魔法のようにきれいに消してくれます。

 

       

Q.洗剤は「アルカリウォッシュ」じゃないとダメ?

 

A.

経皮毒の吸収率が格段に高いデリケートな部分に使用する「布なぷきん」のつけ置きには、環境に優しいだけでなく体にもやさしい「アルカリウォッシュ」「重層」または天然素材の石鹸などがおススメです。つけ置き後の洗濯機でのお洗濯には、天然自然の木の実そのままのせっけん「るるるサボン♪」を是非お役立てください。

 

「布なぷきん」には、オーガニック生地で作られたものもございます。やさしい洗剤を使うことで、オーガニックの特性を守ることにつながり、その風合が長く保たれます。

  

また、柔軟剤は生地の表面をコーティングするため月経血を吸収しにくくしますのでお避け下さい。蛍光剤、漂白剤、界面活性剤などが入った市販の洗剤を使用し続けることで生地の劣化を早めることに繋がります。また、そうした合成の成分の濯ぎ残しによって、デリケートなお肌への負担となることがございます。

   

    

Q.ちゃんと落ちる?

 

A.

はい。ご安心ください。

 

少しのシミでしたら、お日さまの下で干している間に消えてしまいます。

 

ただ、生理の終わり頃の月経血はなかなか落ちにくいことがあります。そんな時は、洗剤の量を増やしたり、長く浸け置きするなどして落とします。どうしても気になる場合は、終わり頃だけは、もう着なくなった柔らかな肌着などを適当な大きさに裁断して「布なぷきん」上に敷くいう方法もございます。よろしければ「ナプキンシート」をご用意しておりますので是非お役立てください。

 

 

Q.洗うのがめんどうで・・・

 

A.

たしかに、使い捨てるよりは手間かもしれません。その代わりといってはなんですが、ゴミは出ませんし、使い捨てナプキンを買うこともなくなります。 

  

実際に洗ってみますと、頭で考えるほど手間ではないことがわかっていただけるかとおもいます。

 

 

Q.今一歩踏みだせない・・・

 

A.

わかります。

未知の世界への第一歩です。

ためらって当然です。

 

でももし、ためらいながらも「最初の一歩を踏みだしてみようかなぁ」という気もちが胸をかすめるようでしたら、まずは普段の日のおりもの用ライナーとして試されることをおススメいたします。基本的に使い方は同じですので、生理の日に使うのは日々のライナーに使い慣れてからでも決して遅くはありません。

 

 

 

 

さり気ない心配り       花小町の布なぷ